Intend to do...

むぎゅ〜。
…という意味の無い音が最近よく出ます…私から…(←キケン)
仕様が無いです。夏だから。。へへ。

もうすぐ暑さの山は越えるという話を聞いて、嬉しく思っているのですが、
夏の終わりの切なさと、暑さの終わる嬉しさと…
一体どちらの気持ちが勝つのかしら…なんてちょっぴり楽しみ…だったり。
なぜこんなに暑くて大変なのに、夏が終わるのが淋しいのでしょう…。
ヒグラシの鳴く夕方…このまま世界が終わってしまうような…そんな気持ちになります。
夏は幻のような気がしてなりません。

*
二日間ちょっとやられていました…理由はわかってます…。
ちょっと結婚式に参加したのですが、
私の体はパーティーを受け付けないみたいです。。
とても良い結婚式だったのにそんな風に感じてしまう
自分がとても悔しくて落ち込んでしまうのです…。

気持ちは楽しみたいと思ったり、雰囲気に憧れはあるのですけれど。
食べられないものをおいしく食べられるように、
いつか平気に行ける時が…なんて思っているのですが、
何度と無くチャレンジしては負けております…。

なぜでだか会場に行くとどこからか自分でも
良くわからない恐怖感が湧き上がってくるののです。うう。
そんな自分が悔しくてたまらなかったり…でもこれが私か…と思ったり。
中世ヨーロッパ貴族じゃなくて良かった…なんて思う今日この頃。
イヤイヤ、もしかしたらいつかの昔の、苦い記憶が…
…なんて、また私は心を飛ばして遊んでおります。

人の集まる絵を描くのが好きなのはそのウラハラな
気持ちもあるのかも知れません。
世の中不思議な事がいっぱいです(笑)

*
寝込んでる間に、幸村誠さんの「ヴィンランド・サガ」を読みました。
昔のヴァイキングの人たちの戦いと生活を描いたマンガです。

この方は「プラネテス」を読んでファンになった作家さん。
この本は前から友達に進められていたのに、なかなか読めていなかったのです。
1と2を買って読んだのですが、とても良かったです。
なぜ幸村さんのファンになったかといえば、キャラクターの心理描写がとてもリアルなのです。
良い感情も、悪い感情も人として共感できる。そんなところが魅力で。
この作品も正に。。
二巻を読んだ後にもう一度一巻を読んだら号泣でした。
お父さんかっこ良すぎです…考え方もとても好き。
ちょっぴりドラクエのパパス父さんに近い…カモ(笑)
早く続きを買って来たいなぁ。
  • 2007.08.15 Wednesday
  • memo

FREEDOM

ちょっと前になりますがやっとフリーダムを観ました!
もうDVDは4巻まで出ているみたいなのですが、
私はアニマックスで3まで…なのかな(曖昧です)
見終わって一番最初に思った事はカップラーメンが食べたくなったという事。
なんだか企画に完全に負けた気がして悔しい気持ちもありつつ、
次に観る時は隣にカップラーメンを置いておこうと思いました…。
内容の方もかなりしっかり作られていて、続きがたのしみになるようなそんな展開。
アニメーションもたまにCGで動かしている口元に
違和感を感じたりもするものの、
背景との違和感もなくその技術にはすごいな〜すごいな〜と…感心でした。
機会があれば是非!!

Thunder !!

一昨日、神奈川付近は雷が凄かったのです。。
東京といっても私の家は神奈川に食い込んでいるので(笑)
それはそれは凄かったのです!よ!

どれくらいかというと、
近所に住んでいる友達に慌ててメールをしてしまうくらい…。
結果なんでもなくてよかったですけど、今更ながら雷って怖いと思いました。

バシャーンという落ちる音とその後のパリパリパリ〜という割れる音で、
お腹の内側ががキュンと縮こまるそんな感じに。

…なんとなく昔の人が「雷さんがおへそを取るぞ!」と
言った理由がわかったような気がしました。

*

昨日の午前にも雷があったのですけど…ね、
その時の私の脳内アテレコ劇場↓

「あんた〜、まぁた私のへそくりつかったとね!!」
『そんなん、見つかるトコに置っとくのんが悪ぃの!』
「かえしんしゃい!あれは太郎の給食費ったい!」
『ほんだら次からぁちゃんとそう書いとけ!』
「アンタがお酒やめねからこったら事なるんよ!」
【かあちゃ〜んもうやめてよ〜】


私ったら妄想しすぎです…。
でも、雷での想像のベーシックは喧嘩なのかと…
ちょっとしょんぼり。
だってね、
後で考えたらお祭りとか花火大会とかの方が楽しいの…にな。

考えながらそんな絵を描きたいと思いました。
  • 2007.07.31 Tuesday
  • memo

A girl flew to times

時をかける少女を見ました。
噂には良いと聞いていたのですが、本当にとても良かったです。

とても中に入りやすくて中に引き込む力が強い作品です。
全体の流れもゆっくりと進みながらも違和感無く最後まで
流れた完成度の高い構成だったと思います。
そして一番強く感じたのはは青春の匂い。
その匂いが全体のすがすがしい感覚を作ってくれたように思います。
夏の日差しと、友達、そして何より「全力疾走」
やっぱり青春は全力で走らないと。


なんて思う私は、青春時代に一度でも走ったかしら…
おもえばその頃、自分の熱を人に知られるのが怖くて
そんな自分はかっこ悪いと思って、
どんな時もどこかでブレーキをかけてしまい全力で走たろうかと…。

今のここ数年、やっと全力疾走のかっこよさに気がついて
その頃を思い出しては残念がったり。。
それこそタイムリープができたら戻って全力で走ってやるのに…
なんて…そんな事を映画を観ながら思いました。
見終わった後に元気になれる素敵な映画でした。
今度はDVDでちゃんと見たいと思います。

Vegetables menu

ラタトゥーユがおいしいです。

夏はお野菜の季節なのだということを実感します。
夏野菜の煮込み料理がとてもおいしくて、
去年ぐらいから夏の定番お料理です。
今年はさらに、新聞で紹介されていた南フランス風の
野菜のオーブン料理も加わりましたv
なんと入っている野菜の種類が10種類も!!

野菜は良いです。
食べると気持ちが落ち着くというか…暖かい優しい気持ちになるのです。
しかもお野菜、夏に取れたもののおいしさは格別です。
いろんな人におススメしたい、そんなお食事です!!
  • 2007.07.18 Wednesday
  • memo

EVA

なんとなく描きたくなってしまったので、
久しぶりに元を意識した絵を…(笑)



…映画が秋頃に公開されるそうですが、
一体どんな映画なのと…むしろそれって本当なのかと
身内での会話ではもっぱら謎のまま。
実はエヴァの放送ってもうだいぶ前だったんですね…。
そして丁度思春期だったものだから、その頃を色々思い出します。
今の私に大きく影響を与えてくれた思い入れのあるアニメです。

…でも放送が6:30の枠だったというのは今考えると凄いチャレンジ。
実際あの枠で見てた友達は回りにいなくて淋しかったもの(笑)
今だったら完全に深夜放送ですよね。。
  • 2007.07.16 Monday
  • memo

Crows

台風が凄いみたいですね…。
なんとなく大雨というと、ワクワクしてしまいます。
被害が出ているこの状況はそんな気持ちになる事は申し訳ないですよね

きっと台風で学校や会社がお休みになったりする事も
手伝っているのだろうけれど、
私はザンザンという雨音に少し癒しも感じてしまうのです…。

そんな台風が迫っている怪しい雲行きの今朝、
私の部屋の上の屋根でカラスさんたちが大会議。

「もうすぐ雨がすごいっらしいよぅ」
「どこに行けばしのげるカなァ」
「ここにはいれないのカァ?」(天窓をコンコン叩く人がいたのです)
「あっちにしようよ」
「いやいや、こっちがいいよ」
「なんだ俺様の言う事がきけないのカァ!」

なんて勝手にアテレコしながらドタドタいう天井を眺めていたら、
かあかあ言いながら隣の家と電線に飛び移り、
6羽のカラスが2羽と4羽に分かれて飛んでゆきました。
頭の上にそんなにいた事にびっくりでした。

屋根の無いところで生きるって大変なのよ。と、
隣で幸せそうに寝そべる相棒(猫)に声を掛ける朝10時。

午後になってザンザン雨が降ってきました。
あのカラスさん達、良い場所をみつけたのでしょうか…。

久しぶりに強い台風だそうです。水辺付近に住まわれている方は十分注意されてください。。
  • 2007.07.14 Saturday
  • memo

FANTASTIC PLANET

先日NHKで放送していたチェコアニメ。
「ファンタスティック プラネット」チェコらしい作品でした。
人間がペットっていう発想がなんともチェコらしい
(…ちょっと失礼かしら)
他の背景なんかもとても独創的で…
植物が意思を持って生きていそうなところなんか…
ちょっとパルムの世界も思い出したのですが…
絵のタッチも話の感じも話の描き方も
何かを作る人には影響力のある作品ではないかと思いました。
古いんだけれど古くない。時代の関係ない作品です。

*

木が好きな私、見つけたのでやってみました。。
私は「くるみ」だそうです。
SQ Life 木精占い

Relax

むうぅ…。微熱が…微熱が続いています。
今日でかれこれ4日目。わわゎ。

久しぶりに自律神経をやってしまいました。。
母が弱くて…家族にいると弱くなるんだそうです。それで私も。
このところ予定が沢山あったのに割と平気だったなぁ…
と思っていたら。。ううん…。
最近暑かったからと、お風呂をシャワーだけにしてたからかしら。

でもね、昔はあわてたけど、もうあわてないぞ!
…といわんばかりに、色々やりました。

一番心落ち着く音楽、カノンを部屋に流して、
ラベンダーのアロマオイルで足湯、ストレッチに顔のマッサージ。
自立神経を失調した場合は音や香りでリラックスする事と、
血行を良くすることが大切なのです!

足湯は良いです!とてもリラックスしました!!
お休みの日のリラックスタイムにおススメですvv

*

そういえば先日未来少年コナンの映画…だったのかな?
…みたいな特別編を見ました。
懐かしくて…確か名作劇場の枠で見たような…そんな記憶です。
昔からラピュタとコナンの記憶が混ざっていたのですが、やっぱり似てました。
コナンがパズーにヒロインの女の子はシータで。
最後を見たら駿さんだったので、ナルホド〜と。。
シリーズの内容もなかなか良かった記憶があるのですが
曖昧なものしかなくて悔しい。
もう一度初めからちゃんと見たいな。と思うアニメです。

アニメといえば、
前に日記に書いた電脳コイルと、グレンラガンが気になります。
グレンラガンは一向に先が見えない最近に珍しいアニメで翻弄されてます。
普通のアニメなら最終回になりそうな山場がすでに2回終了。
主役の一人があんなに早くいなくなるなんて…というところと、
前回の敵のボスを倒すというビックイベント…
これから何があるのかしらと展開が気になります。。

それから今夜9時からBSで放送するチェコのアニメ!
これは面白そうで楽しみですv
  • 2007.07.10 Tuesday
  • memo

Make a meets from...

日曜日の情熱大陸が衝撃的でした。

「屠蓄世界紀行」という本を書かれたイラストルポライターの方の話。
なんとなくその本が新聞で取り上げられていたのは
横目で見たような気がしていたのです。

人間が食べるため動物を育てるわけですが、
屠蓄はそれをお肉にする過程のこと。
一番大切な部分であって、一番残酷で辛い部分です。
この仕事をしている人たちは本当に凄いと思う。
そして本当はヒーローだと思う。
動物にしてみれば悪の大王みたいかもしれないけれど。
もし彼らがいなかったら、
お肉を食べるには自分で殺生しなければならない。
食べるために殺すというのは全てに対して言える事で、
野菜だって生きていたのだから、ある意味殺して食べてるのかなと思う。
ただ、野菜や魚はそれほど辛いと思わない。
マグロの解体ショーなんかむしろ見たがるのに、
牛や豚の解体は残酷だと言う。
動物は大声で叫んだり、赤い血が出るので見るのは辛い。
たぶんそれだけなのに。

…そんな感情的になりがちなテーマをとても冷静に、
そして解りやすく爽やかに書き上げているそれは本当に凄いと思った。
イラストの中に残酷さは一切感じられない。凄い。。
どのように動物からお肉になるのか、知っている事は大切だとおもう。
お肉と自分と動物達との付き合い方をとても考えさせられた。
そんな放送だった…。

これからはもっともっと感謝してお食事をしなくてはと思います。

…まだ頭の中では色々がごちゃごちゃしてます。。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

ARCHIVES

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM