お休みの日の事



なんだか気分転換にしゅしゅっと描きました。

絵を描くよりも文を書くほうが遅いのが辛いです。
日記の文は大体30分以上かかって書かれていますが上の絵は10分くらいです。
展示の準備が沢山あって頭が爆発しそうです。
文章を綺麗に並べる事と、パソコンで作業する事という二つの苦手な作業が一緒だからだと思います。

がんばります。

額入れをお願いしていた絵を日曜日に取りに行きました。
額に入れるとなんだかよく見えますね。不思議ですね。
しかし重たくて。
背筋力が学生時代と変わっていなかったら30くらいしかないので。
握力かっていう数字ですが…。
夫さんに運んでいただきました。助かりました。

搬入は平日なので、たまたま丁度良い日に母がこちらに来るので手伝っていただきます。
前回は友人のお話でしたが、家族にも見えないところで支えていただいております。

---

先日七五三の写真を撮りにゆきました。
少年ですが7で。
私は写真館で写真を撮るのは人生初めてだったかもしれなくて、
そんな自分がおかしくて笑いが止まりませんでした。
写真屋さんにお母さんだけとても楽しそうですねって言われてしまいました。
全然お母さんではないけれど、おかあさんですよね。
そうかー、なんだか申し訳が無いなぁとおもってしまうのでした。
だって私が一番子供のようで。なんとも。

私が見えない支えになれる日は来るのだろうかー。


  • 2013.11.12 Tuesday
  • memo

くも



もやもやっとしたものが生れた時に、考えるのはつかれるので
とりあえずまあいっか。と、ほおっておく癖があります。
見えるものだけ見てそこに向って歩いてゆこうと…
それはとても、前向きなようで、ただ何も考えてないだけでしたね。

そうすると、どうなったかというと気がついたときにはもやもやどころではなく
むぎゅむぎゅになっていて、目の前が見えなくなってしまったのでした。
もう歩けませんねーって。

もやもやを解消するためになにか体を動かせば、誰かに声を掛けてみれば、
なにかすればもやもやを追い払う事ができるのですが、
それはとても心がぎゅっとなって、おなかがそわそわして、とても苦しくて。
苦しいのもぎゅっとなるのも嫌だなぁと思う自分がいて。
でもそれでは結局前には進めないわけです。

私の周りには軽やかに動き回り、しっかり自分も回りも見失わないかっこいい人たちが
たっぷりいるのにね。どうしたものかと丸まっていたらお友達が方を叩いてくれて、
ここで頑張らねばいつ頑張るのでしょうこの弱虫と。

もうずばばっと勢いで持ってよっこいしょー!
と。やったところ。
やっぱり苦しくてお腹が痛くて3日ほど叫ばずにはいられないような、そんな感じでしたが。
…ほんとには叫んではいないですよ。

それを通り過ぎた今日目の前がとてもよく見えるようになりました。
ワナワナしていた足に支えを入れてもらったような。そんな感じで。

一人では生きてないな。生きられないなって。凄くありがたくて淋しくて、ぽかぽかになりました。

展示をするきっかけも、目の前が見えるきっかけも、お友達のお話からで、
ありがたいな。あたたかいなって。頂いたパスを無駄にしないように。
もう少しよっこいしょー!を続けてゆきたいと思います。



  • 2013.11.08 Friday
  • memo

絵の販売をしますー



今回の展示ではこの数年分の絵を色々並べてたまとめのような、自分を振り返るような展示なのですが。
…なのでタイトルも初めて作った漫画の冊子と同じタイトルで初心を思出すようなそんな気持ちで。

そのような展示なのでお店の店主さんに絵の販売もお願いしています。
お値段の相談で、先日店主さんにご意見を頂いて。
見てくださった方が買いやすい値段を付けることも大事という事で。

お店へのマージンが3割でよいという事もあり、
今回はできるだけほしいな。飾りたいなと思っていただいた方が、
できるだけお財布と相談しやすいようなお値段にしようと思っています。
具体的には額付きで9千〜1万3千程です。 

今まであまり安く売るのは良くないという意見を頂くことばかりだったので、
絵の価値を下げないようにとか。それも確かにと思います。
絵描きの方が食べられないとこまりますし。
自分もいざ手元からいなくなると思うと、そうか1万円以下がいいのかーと、
やや、もやもやもしたのですが。

…でもこの絵は自分のために描いた絵だったものだから。
お金を出していただけるかもしれないという事だけでもありがたいなぁと。
そんな風にも思っていた自分もいたので。丁度いいなと。
お仕事で、新たに描いてとご依頼いただくときとは値段の付け方を変えたほうがいいのかもなと思いました。
(…お仕事の時や、ご依頼で描く場合はそれなりのお値段を頂きます。ので。)

絵というものは描いた人のところにいるよりも誰かのところへ行く事が何よりなので。
程よく大切にしていただけるお値段で。
少し良いお洋服一着分くらい。はなるほどなーと思いました。

今まで描いたもの、思ったよりも沢山あって…
折角なので展示仕切れない分も購入いただけることにしようと思いますので。
ギャラリーにはカタログを置かせていただきますが。

もし展示にこられないけれど欲しい絵がありますという場合は
メール等でお問い合わせ頂ければと思います。
サイトのギャラリーの絵に値段などの詳細を加える予定です。

絵を売ったり買ったり、まだまだ難しいなって思ってしまうけれど。
自分の考えをしっかりもつ事ができれば胸を張れるのだろうな。


今日はデザインフェスタですが。毎回行きたいなぁと思いながら、
春と秋。丁度体調がよくなかったりとか。
かなり体調と相談したのだけれど倒れてはならんということで。うん。
いける可能性としては11月なのにな…。雑貨を見たかったです…。
来週の東京蚤の市には行きたいなぁ。http://tokyonominoichi.com/
  • 2013.11.02 Saturday
  • memo

ゲーム



夏前くらいにパズドラをやってみたらパズルゲームが好きなので見事にはまってしまいました。
フレンドの方で丁度レベルの上下が抜いたり抜かれたりの方がいらして、
なぞのライバル感を感じてしまっていて一人でなにをしているのかという…。
は。お金はまだつぎ込んでいません。
魔法石は地道に溜めて、ここぞと言う時にまとめてガシャガシャしています…


気軽にできる新しいゲームはないかなぁと思いつつ。
何が自分に合うのか解らないので難しいです。
中学生の頃RPGばかりやっていて、あれは時間が沢山ないとできなかったんだなぁって、
沢山時間があったんだなぁって、今身に沁みております。
少し前は自分ではひっくり返ってもできないであろうホラーゲームの実況動画を見て楽しんでいたのですが、
2月にPS4が出るというので、キングダムハーツをやりたいがためにほしいなぁ。

ホラーゲーム、
個人的にできればやってみたかったなぁと思ったのは、ALAN WAKEと言うゲームでした。
スティーブンキングのような世界観で、描かれたお話が本当のことになっていくお話で。
ゲームというよりアメリカのドラマみたいな感じで面白かったです。
Cry of Fearというフリーゲームもなかなか面白かったのだけれど。
…銃が上手く撃てればできるのだろうけれど、それがへたくそなのでなー

  • 2013.10.30 Wednesday
  • memo

絵とイラスト



先日便箋を試しに作ってみまして。↑こんな感じで線のところどころに小人がいる感じで。
なかなか可愛くできたので、もう少し色々書いて、
レターセットなるものを作ってみたいなぁと思っております。
シンプルで可愛いものって好きだけれど自分ではなかなか作れなくて、
非常に嬉しいというか楽しいです。

---

所で先日イラストの概念に付いてツイッターでお友達がつぶやいていたので、
そうそう!と一瞬盛り上がったのですが。

イラストレーションは挿絵とともに図解という意味があって、
何かを解説するために描かれている絵という意味合いで、
イラストレーターとはそういうものを描く人ということで、
絵というのもは、それ以外の美術・芸術的な紙に書かれたものということで。

私は普段イラストはあまり描いた事がなく、
自分で名乗る場合はもにょもにょしながら、絵を…絵を描いていますと言うのです。

私のタイムラインではイラストレーターに壁を感じたり、考えたりする方が沢山いたのですが…
色々考えて描く者としてはその概念くらいは知った上で使い分けた方が良いかしらと思うのではありますが。

絵を描かない写真を撮る友人は私をイラストレーターのーと紹介しますし、
絵を描かない人にとっては絵もイラストも同じなのかなぁって。
まぁリリーフランキーさんも名乗った者勝ちと仰っておりましたように、
言ったあとからそれにあわせて言ってもいいのではないかなと。
…そんな風におもったりもしました。

私が最近書いているものにもいくつかイラストもありますし…ね!
様は自分の心持しないなのかなー。言葉というものはむつかしいなぁ。
  • 2013.10.27 Sunday
  • memo

コミティアありがとうございました



大変な雨というか嵐の中ありがとうございました。

色々お話をしていただいたり、お菓子を頂いたり。
コミティアに行くといただくことばかりで本当にありがたいばかりで…
なぜもっと頑張らなかったのかと毎回心がギュウギュウになります。
そして次こそは…という心を毎回疲れでもって数日後にはすっかり忘れてしまう
鶏みたいな自分と、怠け者の自分を次こそは何とかせねばと…。
今後の事も、色々ときちんと考えながら、越えられないもう少しを越えてゆきたいと思います
が、この辺りはまた別の日記でつらつらしますー。


そして、いつもいらしてくださる方ともお話も色々したいと思いながら
ありがとうございますを言うので精一杯の自分も何とかしたいー
お隣のコトコトリさんを見ながらなるほどーと心メモを取るのですが!
まごまごしてしまっているうちに…去ってゆかれてしまうという!
もうだめだ!もうこれは作るもので感謝を伝えるしか…
…ですね…
きちんとお伝えできなくてすみません。本当にいつもありがとうございます…!

いつもこのありがとうございますを書いた後、駄目人間になってしまっていたのですが、
展示、後悔のないように、頑張りたいと思いますー。

展示のお知らせを送って欲しいという方はメール等でご連絡先が頂ければ送らせていただきます。
他にも置いていただける場所ができましたら、ツイッターやここなどでお知らせいたします。


台風が凄くて、大変な事になってしまったりしていているのに、まだまだ生れていたりして。
体調、崩さぬようにしないといけないですね…。

数ヶ月前に髪が抜けて大変ですと日記に書きましたが、
ありがたいことに今ワサワサ生えてきていて、丁度真ん中で分けると絵のような…触角のような感じです。
分け目を変えても色んなところから出てきてしまって困っております…
昨日も出てたかな…。虫みたいですみませんでした…。

  • 2013.10.21 Monday
  • memo

気がついたらひさしぶり



です。
絵は割と前に描いたやつです。
色々あちこち忙しいと日記を書けなくなるほうの元本です。
…タイバニの映画楽しみです。

家族で栗を拾ったり、栗ご飯を炊いたり、栗を甘く煮たり、
久しぶりの友達に会ったりした9月でした。
台風が多くて体調が良くなったり悪くなったりでちょっと困っています。

昔一緒にお仕事をしていた一人は個展をするのだと思って気軽にギャラリーに行ったところ、
そのギャラリーの館長になっていたというびっくりがワンセットでありました。
お花持っていけば良かったよ!
只者ではない名前をしていると思ったら、ほんとうにな!
ちょっと駅からは離れている所だけれど、非常に素敵な空間で。
フィンランドカフェまで併設されているという。
いつか私もそこで個展、させてくださいなー…と思うばかり。

ギャラリーはこちら>>>http://833apart.com/


高校の頃の友達も、新しいお仕事になっていて大変そうだけれど、
元気そうで何よりでした。
久しぶりに下北沢をブラブラしてお友達のおかげで素敵なお店も発見できました…!

ハンドメイド&雑貨店 needleさん>>> http://needle2012.jimdo.com/
ポストカードを置かせていただくかも知れないです。そしたらばまたお知らせいたします^^。


それから仲良くさせていただいているお友達の絵描きさん…
もうすでに立派なアニメーターさんになったコトムツさんの制作したアニメの
全部が見られるようになっておりました。


最後に私の名前入れていただいているのですが制作的なお手伝いはしてないですー^^。
ただ応援していただけだったので、卒業展でみて私がびっくりしました…!
先日まで放送していた有頂天家族でもりもり動画を描かれていて、
私大好きなお話のアニメ化作品だったのでなんとも幸せなきもちでありましたー。


ぼんやりしていたら10月で、9月の終わりにひそかに落ち込んでいたのですが
そろそろほっぺたを叩かないといけないなって思います。
凄い人たち囲まれていてありがたいばかりです…。
個展いい感じにできるとよいなぁ…
コミティアももうすぐだしなぁ!
  • 2013.10.02 Wednesday
  • memo

おやすみ



してきました。
夫さんが出張に出られていたので3日程、実家で猫と寝たり遊んだりしておりました。
ご飯が出てくるってとても幸せでした。

色々録画しておいてあるのよーと言われていたお勧めの映画を3本観たのですが、
全部良かったのでメモしてみます。参考までにもし気になったものがありましたらー。

●イリュージョニスト (フランス)

街や村を転々としながら手品をを続ける年老いたマジシャンが、少女と出会い奮闘するお話。
べルヴィル・ランデブーを作られた、ジルヴァン・ショメのアニメ映画。
私はこの方の絵がとても好きです。
色使いとか、キャラクターの描き方、線の引き方全部にときめきます。
この方のアニメはいつも切ないのですが、今までは毒が強くて、
シュールな笑いが面白さを担当していたので、切ないけれど笑えるものが多かったのですが。
今回はお話が別の作家さんだったので、シュールさはなく。全体的に胸がぎゅっとなるお話でした。

マジシャンや芸人という職業の楽しさよりも哀愁をメイン描いたお話です。
絵の美しさと、懐かしい感じ。人生の第一舞台の終わりを感じられるところがなんともいいです。
が、予告の振れ込みはだいぶ盛りすぎているので更に一言加えておくと、
キラキラした希望のようなものはほぼないです。色々と辛いです。
それでも気になる方には是非お勧めします!

予告


●ウォルター少年と夏の休日 (アメリカ)

大金持ちという噂のおじいちゃん兄弟の家に、
本当にお金があるのか調べるように送り込まれたウォルター少年と変わったおじいさん二人のお話。
おじいさん兄弟がもう可愛すぎて!私の為の映画でした。
肉体派過ぎるおじいちゃんがセールスマンを猟銃で撃ち帰す様はもうときめかざるをえません。
微妙な犬達(+豚1匹)のいつもそこにいる感もたまらなく可愛くて。
勿論おじいさんならではの哀愁もあって、それでもよく笑えて、ほのぼのする映画でした。 
最初と最後に出てくる絵も可愛いです。

予告


●セラフィーヌの庭 (フランス)

実在した画家のお話。映像の綺麗さと言葉の少なさで危うい不思議な世界観が魅力的でした。
絵の具を色々なもので作る様子や、途中で戦争が始まるのですが、
その中でも一心不乱に絵を描く姿に感じる狂気にはぞわりとします。
私はこの映画で絵を描くということの本質が描かれているなぁと感じたのですが、
絵描きさんがこれを見た感想を聞いてみたいです。

ファンタジックチルドレン大好きな私は公開当時予告を観てとても気になっていた映画でした^^
研究所ではないですが、最後にはクレルモンの施設も出てきます。

予告


そういえば風立ちぬもみました。
感想もそろそろ書いてもいいかなぁと思ったのでそのうち書きたいと思います。
  • 2013.09.17 Tuesday
  • memo

猫と秋と



明日から少し猫に会ってきます!

やらねばならぬことが山盛りなのに、眠さが襲ってくるこの数日。
体調的にも眠い時期なのですが、急に涼しくなったので。
自律神経がまたちょっと行方不明になったり、重たいからだの昨日でしたが
やはりやはり、涼しいって幸せです。

夏のおわりが寂しい方も沢山いると思うのですが。
私の母は秋が来ると急にさびしくなって体調を崩すといっていました。
が、私は冬が大好きなので。秋を感じると来た来た!っと言う感じで顔がにやけます。

ちょっとだけのんびりして、絵のラフとか、プロットとかをやってこれたらいいなぁと
思っているのですが。まぁまず、猫をギュウギュウしてきます^^。

オリンピックが決まった事で喜ぶ人と悲しむ人がそれぞれに沢山いすぎて気持ちが団子のようです。
私はあまり頭がよいほうではないので、
まず頑張った人たちの結果が報われて大変嬉しがってしまったのですが
喜んではいけなかっただろうかと、やや複雑な今であります。

誰もが喜ぶ事はなかなかありえないことだから、
少しでも楽しめる事は楽しんで、その楽しいエネルギーで苦しさに向っていけたなら
それはそれで一番よいなぁと思う次第です。

辛い時代に生れたものだと何かと思うわけですが。
それでも辛い辛いと生きるより、なんとかなるわと思っていたいなぁ。
ぼんやりしていて、そんなの駄目だと怒られますね…
近眼で乱視の目が、世界を見ているそのままに、私の世界は淡いシャボン玉なのだろうなあ。

コミケがどうなるのかは気になります。
関西でできるところがあれば、いつも遠征の方が近くになってそれはそれでなんだか
よいかもしれないなぁとか。

上の絵は夏に描いた猫です。
物理学で有名なシュレーディンガーの猫を使ってキャラクターにしてみました。
白いのが生きているシュレ、黒いのが死んでいるディンガです。
シュールな感じが大変気に入っております。



  • 2013.09.09 Monday
  • memo

コミュニケーション

昨日ツイッターで回ってきたものでコミュニケーション障害は治らないけど
訓練した人は健常者と変わりなく会話ができるけれど
体力の消耗が凄いというツイートがありまして、
なんともいえぬ救われ感というか、おおお!みたいな気持ちになったので
気持ちを少しまとめておきたいと思いました。

実はパーティーとか、イベントなどの空間に行くと
もちろん楽しいのですが、表現しがたい謎のストレスも同伴していて、
3時間くらいが意識のはっきりした元気の限界だと解っております。
それ以上経つと段々意識が朦朧として、会話の成立が不安になります。
同じように内容の濃い会話を長時間続けると同じような感じになるので
友達と2人で朝から遊んだ夕方等は危険なときがよくあります。
無言タイムがあれば少し回復できるのですが、原因がわからなくて、
ずっと体力がないからだと思っていました。

今回このわけの解らない悩みに対して、
自分は恐らく軽度のコミュニケーション障害があるのかなと
原因が明確になったことで、自分の個性として恥じる事はないと思った訳です。

私はあまり親しくない人と話すとき、
まずその人がどんな人か、何に興味がありそうかを観察して、色々な会話を頭の中に用意します。
質問に対しての返答も頭で用意して、それが当てはまった場合の返答まで頭で用意しながら
会話を進めています。…相手にも楽しんでもらうには大変集中力が必要です。
親しい人となら、どんな話をすれば相手が沢山喋ってくれるかわかるのでとても楽で楽しいです。
それから、考えている事や気持ちがかりやすい人も話しやすくて大好きです。
自分は相槌のように、自分の中にある知識をその会話に乗せれば会話が上手く進みます。


体力がないからだと思っていたのは、
ここ10年くらい原因はよく解らないまま虚弱体質という形で病院に通院しているのですが
このふわっとしたもの、はじめはどうにも受け入れがたいものがありました。

それ以前、うつ病で病院に通院していた時は、病名がはっきりしていたので
改善するために気をつけたり、目標というものがはっきり見えていたので納得しやすかったのですが
虚弱体質といわれると、こういう自分と一生付き合うことになるので
(うつ病も治る事はなく、うつになりやすい性質は一生ものですが…)
原因はさておき健康、体調管理に気をつけて毎日暮してくださいということで。
体調を崩すと治りにくいし、気持ちも不安定になって、周りに心配も迷惑も沢山かけます。
凄くいやで、辛かったです。
これはもう自分の個性なのだというところに気持ちが落ちつけたのは、
体との付き合い方が解ってきた3・4年前くらいでした。

治せるものは治せばいいけれど、治せないものに対しては飲み込むしかない。
飲み込むためには原因がわかっていること、そのことに自分で対処の仕方がわかっていることが必要です。

障害とか病気とか気軽に使うのはどうかという意見や風潮は確かにあると思います。
が、本当に悩んでいる人にとっては、これはこういう理由があるのだからという
原因が明確になるという一点に関して言えば、少なからず救いになります。

勿論、からかう理由でそういう言葉を使って悩んでいる人を傷つける原因にもなりえますが、
全ての発言がそうではないなと。
言葉というものは使う人のモラルや心遣いが前提にあるものだと思っているのです…が。
解釈は人それぞれなので、本当に難しいと思います。
きちんと理解してもらうために気軽に使ってくれる事はむしろよいと思います。

悩んでいる人程、普通なのだと思いたいものです、特別な存在として扱われることは何より辛いと思うし、
そうなるとまわり以上に、自分も回りに気を使って行動や言動を制限していかなくてはならない。
辛さを解って欲しいと思うのは初めだけで、
飲み込んだあと、できることはやりたいし、普通に楽しめる時は楽しみたいものです。
そういう人が回りにいる場合は、普通に関わってもらえればいいと思います。


私がいつ訓練したかは解りませんが、
人を観察する事は小さい頃からよくしていたり、絵本や幼児教材を暗記して遊んでいたり、
小学校の頃、友達を上手く作れなくて、本ばかり読んでいた時期が多かったから、
情報量でカバーしていたのかもしれません。
学生時代あまり自分から話をするのも好きでなかったりしたために
気にならなかったのかもしれないです。

家族に本当に悩んでいる人がいるので私もそうであってもおかしくはないなと。
訓練すればいいって教えてあげられたらいいな。
  • 2013.09.04 Wednesday
  • memo


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

ARCHIVES

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM