絵を描く事、売る事



昨日黒猫さんに、絵を運んでくださるようにお渡ししました。
そして今日…雨だ! しょぼんだ。
ありがとうございましたという事で絵を描きました。
クリスマスもうすぐですね。お正月ももうすぐですね…!
早いなぁ。早すぎるなぁー…!

ええと。
先日の展示で思ったこと。学んだことをもう一度書き出してみようと思います。
未来の自分と、他に個展や展示で絵を売りたいなぁと思っている方に少し役に立ったりできれば。

まず一番の悩み。絵を売る事。
今回売る事と買う事の両方から考えるきっかけをいただきました。

ヽ┐鯢舛こと
そもそもなんで絵を描いているのか。
人それぞれだと思いますので、自分の場合を述べる事になりますが。
やはり何か、どうしても自分の中に埋められない穴みたいなものがあって、
若しくは自分に足りない欠陥のようなものがあって、
それを埋めるために、埋めるための何かを探すようなそんな理由で、「描かねばならない」ような。
描く事そのことで自分の精神を健やかに保っているような気もします。
そんな理由が一番の根本にあると思います。
その上に、上手になってもっと見てくれる人に楽しんでもらいたい。や、お仕事にしたい。
などなどかぶさって見えなくなったり、よく解らなくなったりします。


売る事
一般的に絵は高いです。それは安売りすると相場が下がるとか、そういうものもあると思いますが。
自分の描いた絵、特に原画は二度と同じものは作れないので愛着はあります。
絵を描く人は「絵の価値=自分の価値」みたいに感じてしまう所があると思うのですが。
私にもありますし、私の両親も絵を描いていたので、やはり安く売るものではないといわれ続けていました。
高い値段にした絵を、それでも買ってもらえたら、
自分の存在を認められたような、そんな感じになると思います。
それはその,里茲Δ覆修譴召譴粒┐鯢舛理由が関わってくると思うのですが。
最終的にいくらにするかは自分の考え次第だというところが一番悩ましい点だと思います。


3┐鯒磴Δ海
絵というものは生活そのものには直接関係がなくて。
絵を描かない人にとっては、家具や本や、
ちょっと可愛いぬいぐるみとか、置物とか…そんな感じのものだと思うのですが。
名の知れた、有名な作家であれば勿論値段が高くても欲しいと思う人はいると思います。
…ブランド品のような感じです。
残念ですが私はそんなに有名でもないので。
そう考えると、あまり高いとちょっといいな。の気持ちでは気軽に買えないなって。
私が実際に少し悩んで買うものは、私は少しよいお洋服とか、かばんとか。なので
その辺りの値段だったら、同じくらいの気持ちで買えるかなって。思いました。


三つを客観的に見て。
「今までに描いた絵を販売する」という時、私に場合には、
すでに一度展示されたり何かで使用したものについては、
自分の想いなどなどはすでに昇華されている気がします。
後は売る側買う側の間をとればよいのかなと。そういう結論でした。
高額をつけずとも良いけれど安すぎる金額もどうか。という事で、
今回は少し良いお洋服、よりやや安く。という値段設定にして販売しました。

結果としてはよかったのだなって思います。
お店で見て、少しお話して、気に入ってくださった方が、買ってくださったり。
絵を気に入ってくださっていた方が、ちょっと奮発して買いに来てくださったり。
今後、自分が更なる付加価値をつけられる作家になってゆけば、金額を上げていけばよいし。
そうでなければこのスタンスでやっていけばよいなって。

参考になれば…とは書きましたが、これは私の絵の考え方ですので。
勿論これから絵を売ってで食べていくんだ!という画家を目指す方には当てはまらないと思います。
それと、これは【過去に描いた絵を売る場合】【自分のために描いた絵を売る場合】の考えですので。
新たに絵を描いてと頼まれた場合や、お仕事として依頼を受けた場合等には、
今回販売した金額の倍額以上を頂いていますので、そことは価値観を切り離した考えです。


そのほか、
絵のタイトルのキャプションには、制作日、サイズ、使用画材、値段を書き込んでいるのがベスト。
絵が売れた場合に、自分の包装紙を用意できればすてきだな。
お礼の挨拶につける絵も展示が始める前に描きあげた方ががよいな。
…思い出したらまた追記します。

他に気になることがあったら聞いて下さい。
私の実感や感想でできる範囲でしたらお答えします。


  • 2013.12.10 Tuesday
  • memo


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

ARCHIVES

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM