summer wars

あんまり更新できていなかった時期の少し前の色々なお話

---
サマーウォーズの試写会に行かせて頂きました。

大家族は憧れでもある私にとっては、なんとも素敵な映画。
映画のような精神的カリスマおばあちゃんがいる事はきっと稀だと思いながらも(笑)
素敵過ぎて羨ましくて、絆の強さに憧れました。
たくさん笑って、たくさん泣いてしまいまった。

今このときが一番大事。
今を一生懸命に生きる事が何より大切。
簡単な事だとわかっていても、一人では意外と出来ない。
そんな時は、必ず誰かがそばにいて助けてくれる事。
それを感じられるだけで、嬉しくて幸せ。
たとえ、その事を教えてくれたものが家族でなかったとしても、
誰かの事をたいせつに思えば、もう一人なんかじゃない。

時をかける少女のときも、
そんなような気持ちのまっすぐさに心がスキッとなった。
友情とか、家族の絆とか。
最近見えにくくて、なくなってしまいそうなものを。
こんなに綺麗に力いっぱい描けるのは素敵。

見終わったら、胸がホカホカになっていた。
縁側でお日様の匂いのするお布団の上にドーンと転がったような。
そんな暖かい幸せな気持ちでいっぱいになった。
難しいことは何も無く、きっと見た人は幸せになれる映画だ…と感じました。



なんて…
そんな私が家族や親戚の繋がりが
とてもありがたいものだと感じるようになったのはほんの最近です。
たまたま便利な場所に生んでもらっただけだったのに、
小さい頃から一人で何でもできると勘違いしていた。
でも一人じゃ何でもできるどころか、
まわりも自分すら見失って、そうしてやっと少し気がついたりして。

人は愚かですが、そこから起き上がることができます。
私は人間のそういう所がとても好きで、そういうところを信じて生きたい。
…ちょっとした蛇足でした。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

ARCHIVES

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM