kisetu

さむいあついが くるくるするを 

みるはなんとも わたしのやうで

すすみたいのか とどまりたいのか


wasurete ita

よかった
いきていて よかった

ありがとう
みんなに ありがとう

ただ それだけ

だけれど
それだけで
じゅうぶんだったよ

わたしひとり

いきるには
じゅうぶんすぎたよ

こみあげる
きもち

こぼれた
おもい

ぜんぶ に ありがとう

kotoba

ことばってむつかしい

ことばにしないと伝わらない気持ち
なのに ことばにすると
消えてしまうきがする たいせつな気持ち

…そんなきがして
咽元に出た 言葉をのみこむ

結局伝わらない気持ちは 寂しくて
おもわずことばを綴ってみたら
私の気持ちは泡のように消えてなくなる

ことばってむつかしい

spring has come...

春が近いです。

心がそわそわ、体がうずうず。
どこまでもどこまでも、走ってみたい。
ひっそりと、どこか遠くの空を眺めたい。

青空に融けてしまいそうになる
海にすいこまれそうになる
空の星に手を伸ばして、届かない手のひらに、
…たよりない自分に、憤る。
突然、心がぎゅっとなったり、ふわりとしたりする。

春になると、なぜだか色々な事に敏感になります。
好きだけれど、少し苦手な、とても不安定な季節。

朝の匂いが、時々甘くてびっくりします。
梅の花の匂いかもしれない。

季節と季節の間はとても、嬉しくて悲しい。
特に冬と春の間は。
空気の中にも飛び交う、さよならとこんにちは。

…春が、やってきます。

1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

ARCHIVES

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM